血圧 標準

血圧の標準についてまとめます。「血圧が高い」と言われると、同年代ではどのくらいが血圧の標準なのか?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

やはり同年代の血圧標準は気になりますよね?今回は年代別の血圧の標準をご覧いただき、ご自分の血圧と同年代の標準を比べて頂こうと思います。

 

血圧の標準を見る上で、忘れてはいけないのが加齢による血圧上昇です。下の表をご覧いただくと、血圧の標準は加齢と共に上がっていくのがお分かり頂けるかと思います。

 

確かに血圧の正常値は130/85mmHg未満とされていますが、50歳代になる頃にはこれを超えてしまいますので、それほど気にする必要はありません。それより「人並み(標準)」を知り、その標準を意識していただく事が血圧を正常値にする第一歩です。 

 血圧 標準 

20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳代
男性の標準 118/75 125/79 131/84 138/85 143/84 147/80
女性の標準 113/76 115/71 125/77 133/81 141/81 146/78

もしもご自分の血圧が同世代の標準より高い方は、まずは同世代の標準を目指し、薬物療法や食事療法そして運動療法を実践する事が大切です。


最後に血圧の正常値を一覧表で

現在の血圧状況を確認しておきましょう。

血圧 標準 単位(mmHg)
至適血圧 120/80未満
正常血圧 130/85未満
正常高値血圧 140/90未満
Ⅰ度高血圧 160/100未満
Ⅱ度高血圧 180/110未満
Ⅲ度高血圧 180/110以上


 

同世代の血圧の標準に近づいたら、血圧の正常値130/85mmHg未満が目標となります。

この頃には降圧剤は卒業して、食事慮法と運動療法だけで血圧の標準をキープしている事でしょう。お互い頑張りましょう。



スポンサーリンク





サブコンテンツ

SNS

  • スポンサーリンク

    日本高血圧学会2014

    楽天市場

    このページの先頭へ