血圧の薬 副作用 一覧

血圧の薬とその副作用を一覧にいたしました。血圧の薬は一時的には血圧を下げるのに役立ちますが、高血圧を治すものではありませんし、長く服用していると副作用も出てきます。

 

出来れば血圧の薬を中止出来るように、減塩した食事療法や運動療法などで生活習慣の改善に取り組んで頂ければと思います。

 

ここで一覧にした血圧の薬は、代表的なのもので他にも多数の血圧の薬がございます。

血圧の薬 副作用       薬品名            血圧の薬 作用  血圧の薬 副作用
利尿剤

ループ利尿剤、ダイアート、チアジド系(降圧)利尿剤、抗アルドステロン性利尿薬

体内の余分な水分と塩分(ナトリウム)の排泄を促進させる血圧の薬。尿の量を増やすことで血圧を下げる。

めまい、低カルシウム血症、高尿酸血症、高脂血症

β遮断薬

テノーミン、インデラル、ミケラン、カルビスケン

心臓の働き過ぎを抑制し心臓を落ち付かせる血圧の薬です。

息切れ、疲れ、下痢、不眠

α遮断薬

カルデナリン、ミニプレス、デタントール、バソメット

血管を広げ血圧を下げる。

立ちくらみ、めまい、疲れ

αβ遮断薬

ローガン、アーチスト、アルマール

αとβの両方の作用(心臓の働き過ぎを弱める+血管を広げる)を持つ血圧の薬。 αとβの遮断薬に出る副作用と同じ。
カルシウム拮抗薬

ノルバスク、アダラートCR、アムロジン、コニール

処方率が高い血圧の薬で、副作用が少ないとされています。血管を広げて、脳や心臓への血流を良くする血圧の薬です。

頭痛、動悸、顔のほてり、だるさ

アンギオテンシン阻害薬(ACE阻害剤)

カプトリル、コナン、セタプリル、レニベース

血管を広げて心臓の負担を軽くする血圧の薬。

のどのイガイガ、咳

アンギオテンシンⅡ祖阻害薬(ARB)

ブロブレス、ディオバン、ニューロタン、オルメテック

ACE阻害剤と同じような働きがあります。

ACEと比べ咳が少ない、かゆみ、めまい



血圧の薬は副作用が伴いますので、一日も早く血圧の薬を中止出来るように頑張って下さいね。 

 

関連記事

高血圧グレープフルーツ←カルシウム拮抗薬の方は食べてはダメ

血圧を下げる方法

血圧を下げる食べ物

血圧 正常値 年齢別

サブコンテンツ

SNS

  • 大正製薬の血圧対策

    1日1粒でOK

    日本高血圧学会2014

    楽天市場

    このページの先頭へ